2020年3月5日木曜日

【文献管理】3月で東邦を卒業・退職される,今後もRefWorksを継続してお使いになりたい方へ

文献管理ソフトのRefWorksは,卒業・退職された後も東邦大学が契約している限りお使いいただけます。
卒業・退職後もお使いいただくには,在籍中に以下の手続きを行う必要がありますので,3月中にお手続きをお願いいたします。

---

1.【新RefWorks】「所属機関からのログインを使用」からログインしていた方


・ログイン後にアカウント名をクリックし「設定」を選択
・役職を「Alumni」に変更する
・メールアドレスを卒業後も使用可能なものにする
・「別のパスワード」でパスワードを設定する
・「機関の認証情報」の「認証情報を削除」する
・次回からのログインはメールアドレス/パスワードを用いる

2.【新RefWorks】ID/PWでログインしていた方


・ログイン後にアカウント名をクリックし「設定」を選択
・役職を「Alumni」に変更する
・メールアドレスを卒業後も使用可能なものにする
・ログインは新たに設定したメールアドレスと既に設定してあるパスワードを用いる

3.【旧RefWorks】「自分の機関の資格情報」からログインしていた方


・ログイン後に右上の「プロフィール更新」をクリック
・ログイン名とパスワードを,新たなものに書き換える
・ユーザータイプを「Alumni」に変更する
・メールアドレスを卒業後も使用可能なものにする
・次回からのログインは今回変更したログイン名とパスワードを,ユーザーネームとパスワード欄に入れてログインする

4.【旧RefWorks】ID/PWでログインしていた方


・ログイン後に右上の「プロフィール更新」をクリック
・ユーザータイプを「Alumni」に変更する
・メールアドレスを卒業後も使用可能なものにする
・次回からのログインは設定してあるID/PWをユーザーネームとパスワード欄に入れてログインする


詳細な手順については,こちらのPDFもご参照ください。


【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

 内線:大森地区:2444,2449 平日9-17時
 メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
  ※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

【文献管理】EndNoteでWordを使って論文執筆中に「範囲を編集することができません。」というエラーメッセージが出る場合の対処方法

EndNoteでWordを使って論文執筆中に,引用を追加しようとすると,
「範囲を編集することができません。」というエラーメッセージが出る場合の対処方法について記載します。



このエラーはWordにEndNote以外の文献管理ソフトのアドインが入っている場合に発生する可能性があります。
以下では,Mendeleyが問題となっている場合のWord2016を例として対処方法を説明します。

Wordを開き,
①メニューバーの左端の「ファイル」を選択します。
②「オプション」を開きます。


③「アドイン」を開き,管理で「テンプレート」を選択し,「設定」をクリックします。


④Mendeley-xxxxx.dotmのチェックインを外し,OKをクリックします。


以上です。

2020年2月18日火曜日

【文献管理】【キャンペーン価格適用決定】EndNote X9 通常版の東邦大学向け特別割引のお知らせ

《2020/03/10 追記》
東邦学内で5個以上の申し込みがあったため,キャンペーン価格の適用が決定しました。
EndNote通常版の新規が¥42,900で購入できます。

EndNote デスクトップ版がお得に購入できる東邦大学向け特別割引キャンペーンのお知らせです。

文献管理ソフトEndNoteを扱う代理店から,EndNote X9を新規購入する方向けにお得な情報が寄せられました。
特にMacをお使いの方は,最新のOS 10.15(Catalina)で正常に動作するEndNoteはX9のみとなりますので, 購入をご検討の際にはご注意ください。
詳しい動作環境・対応表はリンク先をご覧ください。
https://www.usaco.co.jp/endnote/compatibility.html


今回の特別割引価格は,通常版(新規)のみの適用です。
■EndNote X8通常版(新規) ¥42,900(東邦全体で5個以上購入時,28%off)
■EndNote X8アップグレード版 ¥26,400(割引なし)

申し込み期間は2020年3月23日(月)までです。

各教室には2月17日(月)に申込書を配布いたしました。
メディアセンターにもございますので,必要な方はお持ちください。
今回はメディアセンターが取りまとめるのではなく,代理店さんが直接申し込みを受け付けます。
申込書をメールかFAXにて代理店さんにお送りください。

なお,今回の特別割引価格の適用は,配布する専用申込書によるお申し込みのみが対象です。
インターネット(Webサイト)からのお申し込みには,特別割引価格は適用できませんので十分ご注意ください。

文献管理ソフトに興味のある方,この機会に購入されてはいかがでしょうか。
使い方の説明等は,医学メディアセンター内文献管理ヘルプデスクでも承ります。

2020年1月22日水曜日

【文献管理】EndNote X9.3.1 for Windowsアップデートのお知らせ

2020年1月15日(水)に,Windows版のEndNote X9の無償アップデートプログラムであるX9.3.1がリリースされました。
これにより,EndNote X9は64bitアプリになります。

それに伴い,以下の点が変更となります。
・macOSのEndNote X9.3以降に対応したライブラリとの互換性の確保
・Unicodeへの対応のアップデート
・X9.2以前のバージョンで作成したライブラリは使用時に変換が必要

アップデートの手順や,前バージョンで作成したライブラリの変換などの詳細は,以下のページにまとめられておりますのでご一読ください。

【重要】EndNote X9.3.1 for Windows アップデート リリースのお知らせ / USACO株式会社
https://www.usaco.co.jp/endnote/topics.html?itemid=1118&dispmid=641

2019年12月18日水曜日

【文献管理】「RefWorksではじめる文献管理」ポスターの掲示開始およびPDF版公開のお知らせ

これから文献管理をはじめる方向けに・・・

文献管理ツール「RefWorks」の基本的な使い方を紹介したポスター
「RefWorksではじめる文献管理」
を,医学メディアセンター Communication Square(メディアセンター前の廊下)で掲示開始しました。

掲示期間は,2019年12月18日(水)~2020年1月18日(土)です。

また,掲示しているポスターのPDF版を以下からダウンロードいただけます。
どうぞご利用ください。

https://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/doc/mmc/RefWorks_Poster_201912.pdf

図1. ポスターサンプル画像

【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

 内線:大森地区:2444,2449 平日9-17時
 メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
  ※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

2019年12月1日日曜日

【文献管理】RefWorksを使った文献情報の収集方法の紹介

RefWorksを使っている方向けの文献情報の収集方法をご紹介します。

1. 医中誌から直接RefWorksに取り込む
2. RefWorksからPubMedを検索して取り込む
3. PubMedなどから検索結果をファイル出力してRefWorksに取り込む
4. ブラウザのプラグインを使って取り込む
5. 手入力する
#マニュアルを入手する
-----

1. 医中誌から直接RefWorksに取り込む


医中誌で検索後,
 ①取り込みたい文献にチェックを入れる。
 ②ダイレクトエクスポートをクリックする。
  この後の画面の指示に従い,RefWorksにインポートする。


2. RefWorksからPubMedを検索して取り込む


RefWorksの中から,
 ①「データベースの検索」をクリックする。
 ②検索語を入力して,虫メガネマークをクリックする。
 ③取り込みたい文献にチェックを入れる。
 ④「インポート」をクリックする。


3. PubMedなどから検索結果をファイル出力してRefWorksに取り込む


PubMedで検索後,
 ①インポートしたい文献にチェックする。
 ②上のメニューバーの「Save」をクリックする。
 ③Formatで「RIS」を選択し,「Create File」をクリックするとファイルがダウンロードされる。


RefWorksに戻り,
 ①上のメニューバーから「+(追加)」をクリックして文献の登録方法を表示する。
 ②上から2番目の「参照のインポート」をクリックする。
 ③続いて表示されたページの「ファイルからインポート」の「ここにファイルをドロップする」のエリアに,
   先程PubMedからダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップする。
   その後の画面の指示に従ってインポートする。



legacy Pubmedでの取り込み方法は以下
https://mncrefference.blogspot.com/2019/11/legacy-pubmedrefworks.html

4. ブラウザのプラグインを使って取り込む


STEP1:プラグインを設定する

RefWorksで, 
 ①上のメニューバーから「歯車(ツール)」>「ツール」の順にクリックする。
 ②「ウェブ上に参考文献を保存」の項目内の,
   「Save to RefWorksをインストール」をクリックする。
 ③続いて表示されたページで,
   「Save to RefWorks」のアイコンを,ブラウザのブックマークバーにドラッグする。


STEP2:プラグインを使用する

PubMedなど文献情報を取得したいWebサイト上で,
 ①ブックマークバーの「Save to RefWorks」をクリックする。
 ②右側に取り込まれる文献情報が表示される。
  右下の「RefWorksに保存」をクリックすると,RefWorksに取り込まれる。


5. 手入力する


RefWorksで, 
 ①上のメニューバーから「+(追加)」をクリックして文献の登録方法を表示する。
 ②上から3番目の「新規レコード作成」をクリックする。
 ③続いて表示されたページで文献情報を入力して,右上の「保存」をクリックする。


【マニュアルを入手する】

 以下のサイトからマニュアルがダウンロードできます。(要学内アクセス)
 P.3から文献情報の収集の方法が書かれています。
 http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/pdf/userguide-rwrs-201802.pdf

【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

 内線:大森地区:2444,2449 平日9-17時
 メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
  ※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

【文献管理】RefWorksで,Wordで論文を書きながら引用文献リストを作る方法

RefWorksユーザーがWordで論文を書きながら引用文献を適宜挿入して,リストを作成する方法を紹介します。
Wordに引用文献管理用のプラグイン「Write-N-Cite(ライテンサイト)」をインストールする必要があります。

1. RefWorksからWordのプラグイン「Write-N-Cite」を入手しインストールする


①RefWorksの上部ツールバーの歯車マーク「ツール」をクリックし,さらにその中の「ツール」を選択する。
②表示された画面内の「Microsoft Wordに引用」の項目内の,Write-N-Cite「ダウンロード&インストール」をクリックする。
 ・自動的に使用しているOSにあったファイルがダウンロードされる。
 ・その後,画面の指示に従い,インストールする。
③インストール完了後にWordを起動すると,メニューバーに「RefWorks」というタブが表示されるようになる。


2. Wordで論文を書きながら,文中に引用文献を挿入する


①WordのメニューバーのRefWorksタブ内の,「Log in」をクリックする。
 ・RefWorksにログインするときと同じ手順でログインを行う
  「所属機関からのログイン」>「Toho University」を選択>
   Shibboleth認証システム画面で学内認証ID/PASSを入力する
②カーソルを文書内の引用を入れたい位置に置き,「引用の挿入」をクリックする。
③「新規に挿入」をクリックする
 ・フォルダが表示されるので,引用したい文献を選択する

3. 引用文献リストを生成する


①文書の最後にカーソルを置き,[参考文献オプション]をクリックする。
②[参考文献の挿入]をクリックすると,引用文献リストが作成される。

4. その他


・RefWorks Citation Managerを利用する
 お使いのやWordのバージョンによっては,Write-N-Citeがうまく動作しない場合があります。
 その場合,以下のマニュアルで紹介されているRefWorks Citation Managerをご利用ください。
 http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/pdf/RCM_UserGuide.pdf(要学内アクセス)

【マニュアルを入手する】

 以下のサイトからマニュアルがダウンロードできます。(要学内アクセス)
 P.14から引用文献リストの作成について書かれています。
 http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/pdf/userguide-rwrs-201802.pdf

【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

 内線:大森地区:2444,2449 平日9-17時
 メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
  ※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。