2021年10月5日火曜日

【文献管理】EndNoteの本文自動取得機能(Find Full Text)を使用する際はご注意ください

 EndNoteをはじめ,いくつかの文献管理ツールには,登録された論文情報から,電子ジャーナルの本文PDFを自動で取得する機能(EndNoteの場合「Find Full Text」)が備わっています。
しかし,大学等で契約している電子ジャーナルの多くは,契約上,機械的な本文取得(短時間での大量の論文のダウンロード)が禁止されています。そのため,不用意にこの機能を使うと,不正な行為とみなされ,大学全体の利用停止措置がとられる場合があります。
本文自動取得機能は,ご自身の文献管理ツールの設定を見直した上で,必要な論文に絞ってご利用ください。

以下に,EndNoteを例として,新しい論文情報を取り込んだときに同時にPDFを探す機能をoffにする方法と,一部の論文に対してのみ本文を探す方法をお示しします。

画面はWindows版のEndNote20を使用しています。
お使いのバージョンによって操作が異なる場合がございますので,ご不明な点がありましたら文献管理ヘルプデスクまでお問い合わせください。


■「新しい論文情報を取り込んだときに同時にPDFを探す」設定はOffにしておく
1. EndNoteの上部メニューからEdit > Preferences を開く


2. 左柱のメニューで「Find Full Text」を選択し,一番下の「Automatically invoke Find Full Text on newly-imported references」にチェックが入っていないことを確認する
 ※チェックが入っていると新しい論文情報全ての本文PDFを取得してしまうので,チェックを外してください

 

■EndNoteに取り込んだ一部の論文に対してだけ本文PDFを取得する
1. 本文PDFを取り込みたい論文情報をクリックして選択する

2. 選択した論文情報の上で右クリックをして「Find Full Text」をクリックする
 (もしくは,上部メニューからReferences > Find Full Text > Find Full Text)


3. PDFを探している間は「Searching」になる


4. PDFが見つかると「Found PDF」に移行し,論文情報にクリップマークがつく
  PDFをダウンロードできるURLが見つかると「Found URL」に移行し,論文情報の詳細から本文にアクセスできる
  見つからないと「Not found」に移行する

 

【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】
メール:mnc_ref☆ml.toho-u.jp
※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

 

2021年8月24日火曜日

【文献管理】重要:RefWorksでWordプラグインに「Write-N-Cite」をお使いの方はアップデートしてください

RefWorksでWordのプラグインに「Write-N-Cite」をお使いの方向けの重要な情報です。

2021年8月17日に,Write-N-Citeの新バージョン(4.6.241(or higher) for Windows / 4.6.212(or higher) for Mac)が公開されました。2021年10月31日以降もWrite-N-Citeをお使いになる場合,新しいバージョンにアップデートしてください。 

新しいバージョンは,RefWorksにログインし,ツール > ツール > Write-N-Cite「ダウンロード&インストール」から入手してください。

 

なお,Word2016 以降の環境では別のWordプラグイン「RefWorks Citation Manager」も利用可能です。利用方法は以下をご参照ください。

・RefWorks Citation Managerご利用ガイド(2020.04)

※学内からのみアクセス可能です。

ご不明の点は以下,もしくはお近くのメディセンター・図書室までお問い合わせください。

【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。
 
Write-N-Cite 使えない エラー

2021年5月26日水曜日

【文献管理】RefWorksの一部環境でのサポート終了のご案内

RefWorksより,以下の環境でのサポートを終了するとの連絡がありました。

サポート終了日以降にこの環境下で発生する不具合には対応できない可能性がありますので,ご留意ください。

◆Windows 7 および 8
 適用日:2021年7月1日
 対象:Write-N-Cite、RefWorks Citation Manager
 備考:引き続き、Windows 8.1 および 10に対応いたします。

◆Internet Explorer 11 (IE11)
 適用日:2021年7月1日
 対象:現行のRefWorks(オレンジ色)、新RefWorks(青色)
 備考:引き続き、Microsoft Edge、Firefox、Safari、Google Chromeに対応いたします。

◆TLS 1.0 および 1.1
 適用日:2021年6月1日
 対象:Write-N-Cite
 備考:2021年6月1日以降、TLS 1.2のみに対応いたします。

ご不明の点は以下までお問い合わせください。

 【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。


2021年5月11日火曜日

【文献管理】新RefWorksで,日本語のPDFファイルの情報を十分に抽出できない不具合が生じています

新RefWorks(青色のロゴ)をお使いの方へのお知らせです。

RefWorksの国内代理店より,新RefWorksで,日本語のPDFファイルの情報を十分に抽出できない不具合が生じている,との連絡がありました。

RefWorksには,論文のPDFファイルをドラッグ&ドロップすることで,論文タイトルや著者名を自動で抽出してレコードを作成する機能※がありますが,現在,日本語の論文ではこの機能が正常に機能せず,抽出される情報に欠けが生じることがあるとのことです。

※文字情報がデータとして含まれるPDFが対象です。文字データがないPDFでは機能しません。

開発元で不具合解消のため調査を進めているとのことですが,不具合が解消するまで,代替として以下のABCのいずれかの方法をご利用ください。不具合が解消されましたら改めてご案内いたします。

2021年3月1日月曜日

【文献管理】【注意】【更新】EndNoteデスクトップ版とM1 チップ搭載Macとの互換性について

作成 2021.03.01
更新 2021.06.10

MacでEndNoteのデスクトップ版をお使いの方への情報提供です。

EndNoteの国内代理店(ユサコ)より,EndNoteデスクトップ版とM1チップ(Apple Silicon)搭載のMacとの互換性について通知が出されています。

現行最新版EndNote 20は,2021年6月9日リリースのバージョン20.1でM1チップに正式対応したとのことです。EndNote 20をご利用の方はアップデートしてください。

EndNote X9は,M1には正式対応はしない方針とのことですが,EndNote及びWordをRosetta※経由で動作させることで大きな不具合なく動作するとのことです。

EndNote X8以前のバージョンをお使いの場合は,20へのアップグレードを検討してほしいとのことです。

元記事は以下をご覧ください。

M1チップ(Apple Silicon)搭載MacとEndNote・NVivoとの互換性について(外部ページ)

M1チップ(Apple Silicon)搭載MacでWord上のEndNoteアドインを使用できない(外部ページ)

 ※従来のIntelチップ用のアプリケーションをM1チップ上で動作させるための仲介プログラム
 
【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】
メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

2021年2月26日金曜日

【文献管理】【不具合解消】WindowsのWord 2016でもRCMが利用できるようになりました。

文献管理ツール「RefWorks」の新型Wordアドイン,RefWorks Citation Manager(RCM)の不具合解消に関する記事です。

これまで,WindowsのWord 2016環境では,RefWorksと連携して引用を管理する新型アドイン「RCM」が正常に機能しない状態でしたが,2021年2月のRCM側の修正により,不具合が解消し,利用できるようになりました。

対象となるWord 2016のバージョンは「16.0.5*」以上です。
「16.0.4*」以下のバージョンでは引き続き不具合が起こる可能性がありますので,WindowsのWord 2016でRCMを利用する場合は,パッチを適用しWordのバージョンを「16.0.5*」以上にしてご利用ください。

なお,WindowsのWord 2016環境では従来型アドイン「Write-N-Cite 4」も引き続きお使いいただけます。Write-N-Cite 4はRefWorks内から入手可能です。

入手方法,利用方法は以下のブログ記事で紹介しています。

RefWorksで,Wordで論文を書きながら引用文献リストを作る方法(2019/12/01)

そのほかのOS,文書作成アプリへのアドインの対応状況は,以下のサイトでご確認ください。

付属ツール対応バージョン一覧 最新版 / Ex Libris(英語)(外部サイト)

よろしくお願いします。


【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】
メール:mnc_ref☆ml.toho-u.ac.jp
※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。

 



2021年2月22日月曜日

【文献管理】 EndNote 20 が発売されました(2021/2/22更新)

2021/2/22 パッケージ版の発売について追記しました

文献管理の定番ツール「EndNote (デスクトップ版)」の最新版「20」のダウンロード版が2021年1月12日に発売されました。
パッケージ版は2021年3月5日に発売されます。

・EndNote販売ページ / ユサコ (外部リンク)
https://www2.usaco.co.jp/shop/c/cEndNote/

EndNote 20で新しくなった主な機能は以下の通りです。
■インターフェースがより見やすくなりました。
■タイムスタンプ付きのコメントや,自分だけのメモを残せるようになりました。
■複数のグループをタブで開くことができるようになりました。

-----

なお,「EndNote(デスクトップ版)」は有料の文献管理ツールですが,東邦大学で契約しているWebベースの文献管理ツール「RefWorks」は,本学の所属者であればどなたでも無料でご利用いただけます。

「EndNote(デスクトップ版)」も「RefWorks」もメディアセンターのヘルプデスクでサポート可能です。文献管理や論文執筆の効率化に興味をお持ちの方は,お気軽にお近くのメディアセンター・図書室のカウンターまでご相談ください。メールでも相談を受け付けております。

・RefWorks / ProQuest (外部リンク)
https://refworks.proquest.com/

・RefWorks機能概要紹介PDF / メディアセンターHP
https://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/doc/mmc/RefWorks_Poster_01.pdf


【文献管理ヘルプデスク:問い合わせ】

メール:mnc_ref☆ml.toho-u.jp
※「☆」記号を「@」に置き換えて下さい。